「ホームページ」という言葉の使い方は違うんだ、そんな使い方をするのは日本だけだ・・・そうです。ブラウザを開くと最初に開くように設定してある「Homeのページ」 (Yahooなどにしている方も多かったですね) がもともとの意味→各サイトのTOPページ→公開されている情報ぜんぶを指すようになった、みたいなイメージですね。

つまり、もともとの意味は違うものなので言葉がふたつありますが、日本国内で今見ていただいているようなインターネット上のページのかたまりを指す分には、同じような使われ方をしているということです。個人的にはお客様が使ってる表現にあわせています。そこはだいたい通じればいい、というちょっといい加減な解釈です。

私にも「うちのは、ホームページですか? ウェブサイトなのでしょうか? そんなにページ数もないから、ホームページなのかな」と、質問しながら自己完結されていったお客様もいらっしゃいましたが、何となく語感から感じるんだなあと興味深かったのですが、ちょっと惜しい、という感じですね。

ちなみに、「ウェブ」の方は蜘蛛の巣を語源した世界のつながりを表すようなことば。ウェブはウェブページからできていて、ウェブページがまとまったものがウェブサイトです(説明していてもちょっとどうでもいい気分になってきました) 。

インターネット自体が広まり始めたころは、ページは1枚1枚「HTML」で書かれたファイルで存在していたので、まさに「ページ」を作ってる感がありましたが、今はWordpressなどのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使うことが多いので、型に内容を流し込んでいる感覚です。なので、あまりひとつひとつに「ページ」感を感じることがないので、今は「ウェブサイト」の方がしっくりくる気がします。逆に言うと、そのくらいの違いでしか意識はしていません。

もうひとつ、最近変わったなと思う点は、「ホームページ」をブラウザを開いた時に最初に出るページというところから、トップページを指し、全体を指すようになったという話ですが、無意識に近いくらい「検索」が定着してからは、「ユーザーがそのサイトを訪問した時に最初に開くページ」(ランディングページと呼びます)は、トップページとは限らなくなってきています。むしろ、その(トップページから順番に見る) 率を下げようと狙う施策をとったこともあるくらいです。

小さなウェブサイトにおいては、検索されるキーワードに対して、強い記事がない限り、サービス名や社名でトップページにたどりつき、そこから順に見ていくケースは多いです。ただ、全体を組み立てたり、記事を作成したりする時には、ユーザ―は必ずしもトップページから順番に、つくった側の意図のとおりに見てくれるとは限らない、ということを頭にいれておいた方がいいかもしれません。問いに対しての答えとはちょっと関係なくなってしまいましたが。